スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ふるさと」は、遠くなったから思うもの。

2016/05/04 Wed

平成28年4月、旭川市から函館市に転勤しました。
前の旅行記も書き終わらないうちに、転勤しました。
北海道を1周できそうな勢いです。

今の仕事に就いて9年目。
部署が変わるは6回目。
引っ越しは5回目。

・・・・・多くない??


そこで、転勤あるある。

1 前に住んでいた地域が、やたらいい場所に思える。
例 住んでいる人が優しかった など
   ちなみに、私が前回住んでいたところは、米と水がとてもおいしかったと思う。
   当然、和菓子屋の大福のレベルがとても高かった。
   住んでいたときは、あまり意識していなかったけど。


2 今住んでいる地域の人たちの車の運転が、荒く感じる。

例 特になし。そのまんま。
   よく考えると、みんな道路交通法にのっとって運転しているので、運転技術に地域差はないと思う。
   まだ道を覚えていなくて、
   きょろきょろしながら運転している私のほうが、
   周りのドライバーから見ると、怖いと思う。。。


3 今住んでいる地域は「よそ者を受け入れてくれない」と思う。

例 これも、そのまんま。
   よく考えると、自分がまだご近所に慣れていないだけで、3か月もしたら、立派な地域の人になっている。


番外編
 そろそろ、一つの場所に落ち着いて生活したいと思う。

↓↓ランキングに参加しています↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

自分で決めるということ。

2015/07/14 Tue

今日、ある人に、

わたしはどうしたらいいですか?
教えてください。

と言われた。

私は困惑した。が、提案はした。

選択肢は3つ考えられます。
それぞれ、具体的な行動が伴います。
それぞれ、予想される結果もあります。

選択するときは、
御自身の意思で決めてください。
と、付け加えた。

その瞬間、
この人に相談してがっかりした、
という空気が流れた。

あんた、つかえねー、みたいな空気。

あなたが決めなくて、
誰が決めるのか。
決めたことに、
誰が責任を取るのか。

人生って、そういうことの繰り返し。
早く、的確に決めることができる人が
自分のペースで生きていけるのだと
思います。

今年の夏は、どこに旅行にいこうかな。

台湾旅行記【出発編】いよいよ台湾へ。

2015/03/03 Tue

【前回のあらすじ】
余裕綽々で、自宅を出発した、私と同行者。
しかし、最寄り駅から新千歳空港に向かうJRが運休。
20分後。次の便で、空港にむかったのでした。

さて、私と同行者は、どきどきしながら次のJRに乗車したのです。
ダイヤが乱れているのと、前の便が運休したので、
JRは非常に混雑しておりました。
しかも、時期は夏休み。大きな荷物を持った乗客
指定席の通路にもあふれかえっているほどでした。

まぁ、私と同行者も、その一部を担っていたのですがね。。。

仕事で新千歳空港に行く人にとっては、
心身ともに、邪魔で仕方ないことだったでしょう。。。

JRは止まったり、進んだり、止まったり、
停車したり、停車したり、1駅進んだり、
その間私は、JRが遅れている状況を隣に立つ外国人旅行者に説明したり、
そしてJRは新千歳空港駅のひとつ手前で長時間停車したり、、、、
普段の倍くらい(気持ち的に)の時間をかけて、
30分遅れで、新千歳空港に到着したのでした。

8月22日 午後0時30分
新千歳空港国際線ターミナルの団体旅行カウンターで、
航空券ほか、日程表など、もろもろの大事な書類を受け取り、一安心。
台湾への飛行機の出発時間は、午後3時。
昼食も余裕で食べられます。ターミナルの中も、ぶらぶらできそうです。
あぁ、時間があるということは、なんて精神衛生的によいのでしょう。

同行者と、昼食の相談を、うきうきとしていたとき、
再び、旅の女神は、笑ったのでした。

続きを読む

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

tag : 台湾旅行

2016年手帳のはなし

2015/01/27 Tue

2016年が始まって、
もう1月が経とうとしています。
はやいものです。

今年のプランやビジョンなど
全く立っておりません。

ゆっくり休みたい気持ちと
とても頑張りたい気持ちとが
闘います。

そんな今年の手帳は、
プライベートと仕事とを
分けてみました。

まずは、プライベートの予定から
考えてみようとおもいます。
使用手帳は EDiT。
使った感じなどは、おいおい追記していきます。
2016手帳

台湾旅行記【出発編】空港に着かなければ、旅ははじまらない。

2014/12/28 Sun

2014年8月22日。
行程:北海道 → 台北
<当初の予定>
10:00 自宅発
10:49 JR札幌駅発 エアポート(新千歳空港行き)
11:31 新千歳空港着
13:00 ツアーデスク受付
15:00 新千歳空港発(CI 0131)
18:05 台北桃園国際空港着 → ホテルへ

    
島国ニッポンから海外旅行に行くためには、
かならず海を越えなければなりません。

海外旅行に行くためには、
有効なパスポートが絶対必要なように、

出発する飛行機に間に合うよう
無事に空港に到着する

というのが、絶対必要な条件になるのです。
ここでつまづいたら、旅にでることができないのです。

ということで、昼食タイムを1時間半プラスし、
さらに、当初の計画より20分早く、余裕をもって自宅を出発しました。

そして、旅の女神は、今回も私たちの旅を
素敵な微笑で迎えてくれたのです。




続きを読む

プロフィール

みみ

Author:みみ
イモトアヤコを尊敬する、アラサー働き女子。世界一周にあこがれながら、時々旅行に出かけています。最近ゴルフを始めました。輸入食材屋と書店の自己啓発書コーナーに行くと、なぜかテンションがあがります。
近場の小旅行が楽しくて仕方ありません。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ようこそ!
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。